2010年10月01日

地方議会の役割とは?

最近、河村名古屋市長の減税日本や橋下大阪知事の大阪維新の会などが注目されています。地方議会、地方議員の役割とはなんなのか?ということを問いかけていると思いますが、お二人の発言を聞くとどうしても、自分の思い通りにならない議会を自分の思い通りになる、市長与党、府知事与党をつくりたいとのことだと思えてならない。確かに、河村市長の住民税10%減税や地域委員会などは素晴らしいと思えますが、本当に将来的な財政や地域の調整を市民に完全に委ねてしまっていいのか?など何事にも段階的に進めていかなければならないこともあるのではないでしょうか?
特に、大阪府知事は、大阪市のことをとにかく発言されますが、では、大阪府として、各市町村への分権は進んでいるのでしょうか?大阪都は、現在の大阪市の借金まで、現在の大阪府民にも押し付けるのではないでしょうか?大阪都構想は、行政の区分変更や権限の変更の話であり、では、地域の住民の主権が確立するようなことは一言もないような気がしますが・・・・。名古屋市の方が強引かもしれませんが、市民への地域住民主権社会が実現するような気がします。確かに、河村市長は、民主党の方ですから、考え方は近いかもしれません。しかしながら、橋下知事の構想は、なにか、橋下知事の権限が強くなるための維新の会のような、言い換えれば、橋下知事威信の会になっているような感じがしませんか?議会は市長や、知事や行政が間違いをおこさないように監視するのが、住民から託された使命です。そして、地域の住民の代表として、市長や、知事、行政などに、意見することも使命です。それは、市政や府政の発展のために、さらに住民のために、自分の持てる能力を活かして、精一杯活動することです。 河村市長や橋下知事の時代はその考え方でひょっとしたらいいかもしれません。しかしながら、その権限をいつも正しく使う人間ばかりではありません。今現在も鹿児島の阿久根市のような事態が私達のまちでも起こりえるのです。そうならないように、議会、議員は存在するのです。そして、議会(議員)が間違っていれば、選挙で、首長が間違っていれば、選挙で住民が判断して決めることこそが民主主義のルールです。多数決で何事も決めてしまう、自分の思い通りにするために、多数をとるという行為自体危ない行為だということを考えてほしいです。本来、多数の意見にならない小数の意見をいかにすくいあげるかが政治、政治家の役割、本質であり、それを忘れて行動する政治家が多いことも事実です。

長い文章ですみませんでした。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村; 1日1回1クリックをお願いします!人気ランキングに挑戦中!
posted by もりもと信之 at 22:13| Comment(1) | ちょっと一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地方議会が、堕落しているから、改革首長の
人気が高いわけです。

よって、議会基本条例制定が、すごいことの
ようにに報道されるわけです。

また、政令地方都市は議員の給与も高すぎます。
Posted by しまやん at 2010年10月01日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。